放射線部のご紹介

血管撮影業務

血管撮影

カテーテルを鼠径部や腕の血管から入れ、造影剤を注入して病変の有無を診断する検査です。ただ現在では診断目的で行われことは少なく、治療(IVR)目的で行われることがほとんどです。

IVR

X線透視、超音波、CTを使用しながら医療器具を使って行う治療法です。

種類として血管系IVRと非血管系IVRに分かれます

血管系IVR

X線透視下でカテーテルを介してバルーン、ステント、コイルなどを使い、血管病変、腫瘍病変、出血性病変を治療します

代表的な治療

  • 塞栓術(腫瘍、動脈瘤、出血など)
  • 拡張術(血管狭窄、血栓回収など)
  • 動注療法(腫瘍など)

非血管系IVR

超音波、CTを使用しながら針などを使い、血管外から病変を治療します。

代表的な治療

  • ドレナージ術(膿瘍、閉塞性黄疸など)
  • 注入療法(腫瘍など)
  • 焼灼術(腫瘍)
  • 拡張術(消化管、胆道など)

IVRの利点、欠点

  • 外科的手技に比べて低侵襲で負担が少ない
  • 手技時間が比較的短時間
  • 迅速に施行できる
  • 血管系の場合放射線被ばくがある

IVRに携わる放射線技師の役割

  • 3D画像など治療支援画像の作成
  • 患者、従事者の被ばく管理
  • 装置、画像の管理

ページの先頭へ