放射線部のご紹介

先輩からのメッセージ

宇治徳洲会病院

技師として責任と技術を身につけるとこができる職場です。

宇治徳洲会病院 2年目 鈴鹿医療科学大学

宇治徳洲会病院に入職した理由は、救命救急センターとして年間7,000件を越える救急に対応する急性期病院で、さまざまな救急撮影法を学び、スキルアップに努めていきたいと考えたからです。入職2年目で現在は、一般撮影、CT、MRIや心臓血管外科の手術やカテーテル治療などの業務に携わっています。

診療放射線技師は患者さんに対して直接治療することはないですが、患者さんの治療方針を大きく左右する大切な仕事です。そのため勉強しなければいけないこともたくさんあります。

また、当院の画像診断センターでは、学会発表や、さまざまな認定資格の取得に対する支援を行っており、技師として責任と技術を身につけるとこができる職場です。

ページの先頭へ