検査の目的は多岐にわたり、バリウムを用いた胃・食道・大腸といった消化管の検査、ヨード系造影剤を利用した胆嚢・胆管の検査、泌尿器系、婦人科系の検査、内視鏡を併用したERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、TBLB(経気管支肺生検)などを行います。

画像診断だけでなく実際に医師が手術的に処置を行うこともあり、医師および他のコメディカルと連携して検査、処置を行います。

胃透視 (背臥位正面位二重造影)

下部消化管検査(注腸)

TBLB(経気管支肺生検)

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)

小腸内視鏡

膀胱造影

神経根ブロック