職場紹介

湘南鎌倉総合病院(神奈川県)

紹介文章

1988年11月、地域住民の署名運動によって開設された病院です。1996年10月に日本で初めての日帰り手術センターの設立、その後日本で最初のバチスタ手術の実施など、常に最先端の医療を実現してきました。2010年10月には現施設に新築移転(地下1階、地上15階、ヘリポート設置)。また日本病院機能評価Vr6取得そして世界基準である病院の証、国際医療施設認定JCIは日本で4番目(徳洲会では初)の取得を達成しました。その後、2013年4月には救命救急センター指定、2014年4月には神奈川県災害協力病院指定となり、地域中核病院の役割を果たしています。今後は救急救命センター増築、付属がんセンター建設を予定しており、さらなる高度医療に邁進して参ります。

診療科目

基本情報

開 設 昭和63年11月01日
病床数 658床(稼働病床629床)
救命救急センター20床、ICU8床、LDR3床、無菌個室5床、HCU44床

交通アクセス

所在地 〒247-8533  鎌倉市岡本1370-1

車でご来院の方

  • ・当院無料シャトルバス
    大船駅東口 ⇔ 湘南鎌倉総合病院

電車でご来院の方

  • 藤沢駅ご利用の場合
    乗り場:北口(ビックカメラ側)
    ・神奈中バス/4番乗り場
    ・江ノ電バス/9番乗り場(北口)

    乗り場:南口(小田急百貨店側)
    ・江ノ電バス/8番乗り場(南口)


病院へのお問い合わせ(総合窓口)

関連リンク

ページの先頭へ